千葉北総エリア(香取)、茨城南エリア(稲敷・神栖)で家を建てたくなったら 失敗しない注文住宅の選び方navi
香取・稲敷・神栖で家を建てたくなったら失敗しない注文住宅の選び方navi » 香取市の注文住宅事情・工務店事情 » 香取市の工務店とハウスメーカー一覧 » 藤村建設

藤村建設

投稿日:|最終更新日時:

※藤村建設は2020年7月現在、公式サイトがみつかりません。掲載記事は2018年11月当時の情報です。あらかじめご了承ください。

高性能+αの注文住宅
香取エリアの住宅会社を見る

ここでは千葉県を中心に注文住宅の施工を行う藤村建設の特徴や口コミを紹介しています。

藤村建設公式HP
引用元:藤村建設公式HP
http://www.fujimura-n.jp/

同じ予算でもワンランク上の高品質な家づくり

藤村建設は本社のある銚子を中心に旭市や神栖市など千葉県北東部で注文住宅の施工やリフォームを手がける地域密着型の工務店です。現在はその他にも自社施工による太陽光発電工事やオール電化対応、外溝・エクステリア工事にも対応しています。

「同じ予算でワンランク上の上質な家を建てる」をコンセプトに、コスト高になる広告や展示場を持たないことで適正価格の家づくりを目指しており、大工や職人にかかる人件費も現場での無駄を排してコストダウンを行っています。

決して安かろう悪かろうではなく、建材や材木を仕入れコストを抑えるために全国8,000社の工務店ネットワークを活用し、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているかをリアルタイムで把握することでコストダウンを実現しています。

また自然素材である木を大切にしていて、人工的で無機質なものではなく体に優しい家づくりにこだわっているのも藤村建設の特徴です。自然の風合いや質感だけでなく鉄やコンクリートにも負けない耐久性・耐震性を持つ設計に注力しています。

さらに家づくりに際しては住宅ローンコンサルタント会社との提携によりフィナンシャルプランナーによる相談も可能で、完成引渡し後も1年、2年、5年、10年の定期点検を行い、計画的なメンテナンスやアドバイスを行っています。

高性能+αの注文住宅
香取エリアの住宅会社を見る

藤村建設の施工事例

懐かしさと新しさを兼ね備えた家

藤村建設の施工事例
引用元:藤村建設公式HP
http://www.fujimura-n.jp/s_1.html

外観は古くからある日本家屋のイメージですが瓦には三州陶器和瓦を採用。外壁の防火サイディングとともに防災性能に優れた家になっています。懐かしさを感じる和風の玄関から中に入ると、リビングの床は広々としたフローリング。家族の顔を見ながら調理ができるシステムキッチンなど現代の生活スタイルにマッチした仕様になっており、育ち盛りの子供も伸び伸びと暮らせます。

子どもやペットと遊べる家

随所に工夫がみられる家
引用元:藤村建設公式HP
http://www.fujimura-n.jp/sk.html

家の随所に工夫がみられる家です。例えば階段。戸建ての階段は強度の問題もあるので頑丈にと思うとそれなりのスペースを必要とするものですが、リビングの脇に上手く配置することで十分な強度を確保しつつ、スペースも確保しているのがポイントです。また、子供の遊具的な役割も担うなど、様々な工夫が見られます。

生活動線にもこだわりがあり、キッチンから階段が視界に入るので階段で遊んでいる子供もしっかりと把握できるのが◎。キッチンからリビングまでの動きもスムーズに行えます。外壁にはガルバリウム鋼板を使用することで、頑丈ではありながらデザイン性も追求。一見シンプルな外観ではあるものの、よく見ると細かいこだわりが随所に見られる家となっています。

藤村建設の
評判/口コミ

口コミは見つかりませんでした。

藤村建設の基本情報

家族が喜ぶ注文住宅!
高性能+αの住宅会社3社

岩澤工務店

木のぬくもりに癒やされる!
無垢材と塗り壁の健康住宅

岩澤工務店の施工事例 岩澤工務店の
家づくりのこだわりを
公式サイトでチェック

一条工務店

家中丸ごと床暖房!
性能にこだわる注文住宅

一条工務店の施工事例 一条工務店の
家づくりのこだわりを
公式サイトでチェック

富士住建

太陽光発電が標準装備!
装備が充実した注文住宅

富士住建の施工事例 富士住建の
家づくりのこだわりを
公式サイトでチェック

※このサイトでは、一級建築士が所属し、断熱・気密性に優れた家を標準仕様としている住宅会社の中から、+αの特徴を持つ3社を「高性能+αの住宅会社」としてピックアップしています。断熱性は「ダブル断熱構造」「トリプル断熱構造」といった高性能な断熱構造を用いている、あるいは断熱性や防音性に優れた「セルロースファイバー」のような断熱材を標準としていることを条件に採用。また断熱性・気密性を高める樹脂窓の採用の有無も選定基準としました。