千葉北総エリア(香取)、茨城南エリア(稲敷・神栖)で家を建てたくなったら 失敗しない注文住宅の選び方navi
香取・稲敷・神栖で家を建てたくなったら失敗しない注文住宅の選び方navi » 注文住宅の流れを知る » 女性(ママ)目線の注文住宅

女性(ママ)目線の注文住宅

注文住宅の強みの一つが、屋内の間取りを自由に設計できるという点。女性(ママ)目線を十分に取り入れた設計をし、家事・育児を効率的にこなせる家を作りましょう。

動線設計に注目!家事を楽にするポイント

一般的な話として、男性は一日の多くを外で過ごし、女性は一日の多くを自宅で過ごします。だからこそ注文住宅を検討するときには、一日の多くを自宅で過ごす女性の視点を重視するほうが自然。以下、女性(ママ)目線を重視した家づくりのポイントとして「家事動線」「収納」「子育て」の3点に注目して詳しく解説します。あわせて、女性(ママ)目線を忘れたがために失敗した!という女性の方々の体験談もご紹介します。

【大人気!】ママ目線住宅特集

家づくりに女性目線を取り入れる場合、まっさきに考えるべきは家事導線です。女性は、男性が思う以上に家の中での移動距離が多いもの。キッチン、脱衣所、バルコニー、収納などを一日に何度も往復します。家事導線を考慮する際のポイントを2つ見てみましょう。

収納スペースが多く!家をきれいに保つ方法

子供の服やおもちゃ、文房具、ご主人のスーツ、キッチン用品等々、家の中には無数のモノがあります。これらモノを片付けるのは、残念ながら女性の仕事になることが大半。効率の良い収納を考えることで、家事をもっと楽にしましょう。

子供の動きがわかる設計!

小さな子供のいるご家庭では、ママは一時たりとも子供から目を離せません。そうとは言え、忙しい子育てと同時に、ママはさまざまな家事をこなす必要があります。家事をしながらも子供の安全をしっかりと見守れるよう、設計段階では間取りを工夫することが大切です。

女性(ママ)目線の失敗・後悔談

女性(ママ)目線を熟慮せずに家づくりをした結果、後悔してしまったという声が多く聞かれます。声の一部をご紹介しましょう。

十分な女性目線を設計に取り入れて後悔のない家づくりを

一日の多くを家の中で過ごす女性(ママ)にとって、女性目線の設計は非常に大事。家を作ってしまってから後悔しても、手遅れです。少しでも家事を楽にするために、また、子供の安全をしっかりと見守るために、女性目線を十分に取り入れた設計をするようにしましょう。

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。安くて気に入る注文住宅を手に入れるためにじっくりと比較検討をしてください。

>>注文住宅の流れを知る

奥さんもきっとよろこぶ!家事動線で見る各社の特徴3社