千葉北総エリア(香取)、茨城南エリア(稲敷・神栖)で家を建てたくなったら 失敗しない注文住宅の選び方navi
香取・稲敷・神栖で家を建てたくなったら失敗しない注文住宅の選び方navi » 注文住宅の流れを知る » 設置するトイレのポイント

設置するトイレのポイント

投稿日:|最終更新日時:

設置場所は音に配慮したところに

トイレは水回りと一緒にと考える人は多いでしょう。確かにその方が機能的ではありますが、トイレはお風呂と比べると利用回数が多い場所です。そして、お風呂よりもダイレクトに音がしてしまうので、音への配慮が求められます。

例えば、水回りの近くということでキッチンの近くにトイレを配置すると、夕方キッチンで調理しているとき、家族のトイレの音が聞こえてしまうでしょう。これならまだ大丈夫かもしれませんが、夜中トイレに向かう足音や水の流れる音で、家族の睡眠を妨げるケースもあります。

各階に1つは設置したほうが便利

トイレは各階に1つ設置したほうが良いでしょう。なぜなら、家屋に一つの場合、トイレのために2階から1階へ移動する手間がかかります。階段の上り下りは何度もやると面倒に感じるでしょう。ましてやトイレは一日に何度も利用するものです。トイレが1つしかない住宅は、一日に何度もトイレのためだけに階段の上り下りなんてこともあるかもしれません。

特に不便を感じないうちは問題ありませんが、年齢のことも考えると不安が残ります。齢を取るとともに体力が低下し、次第に階段の上り下りが負担になっていく点を考慮すると、トイレは各階に1つ配置したほうが良いでしょう。

必要なスペースを考える

トイレに必要なスペースも、他の部屋の間取りと同じくらい真剣に考えるべきです。子供部屋、リビング、キッチンなどの大切な部屋割りを決めて余った部分がトイレというケースも決して珍しくありません。ただ、トイレは一日に何度も使いますし、誰しもが必ず利用する場所です。決して消去法的に、「後回し」にするものではなく、家族に合わせてどれくらいの広さを用意するのかも、真剣に考えておきましょう。

スペースを確保しておけば、道具を置いても空間に余裕ができます。

タンク付きかタンクレスか

タンク付きかタンクレスかもまた、トイレの選択肢の一つです。タンクレスにするとトイレのスペースが広く感じられる点や、掃除が楽になるメリットがあります。一方で、別に手洗いを設置しなければなりません。また、水圧によっては利用できないケースもあります。

タンク付きのトイレの場合、手洗いを用意する必要がありません。シンプルな構造なので、故障やアクシデントが起こりにくいというメリットがあります。反面、掃除に手間がかかるのがデメリットです。これらをよく考えたうえで選ぶと良いでしょう。

便利な設備

トイレの設備といえばウォシュレットが当たり前になりましたが、ウォシュレットには様々な種類が用意されているのがポイントです。どのウォシュレットにするのか、将来のことを考えて手すりを設置するかなど、トイレ以外の便利な設備の導入も検討しておくと良いでしょう。バリアフリーもその一つです。床との段差がないほうが子供が躓きにくく、将来足腰が弱くなってきたときの転倒防止にも役立ちます。

掃除しやすい材質を選ぶ

トイレは毎日のように使うものなので、毎日のように汚れが蓄積されていきます。そのため、日頃の掃除がとても大切です。近年は掃除不要と銘打ったタイプも登場していますが、それでもある程度は自らで掃除が必要になります。

トイレを選ぶ際は、掃除しやすい材質なのかも考えるのがおすすめです。いくら見た目がキレイでも、掃除しにくい材質が使われていたり、凸凹が多かったりすれば掃除がしにくく、汚れが溜まりやすくなってしまいます。

家庭に合わせたものを選ぶ

どのトイレが良いのかの答えは「十人十色」です。それぞれの家庭環境等によって「良いトイレ」は異なります。そのため、「自分の家庭にとって良いトイレとは」を考えて選ぶのが一番です。どこに配置すると家族に気を使わずにすむか、掃除は誰がするのか。家にいる時間が一番長い人は誰なのかなどを話し合うことで、自ずとトイレの「答え」が見えてくるでしょう。

家族が喜ぶ注文住宅!
高性能+αの住宅会社3社

岩澤工務店

木のぬくもりに癒やされる!
無垢材と塗り壁の健康住宅

岩澤工務店の施工事例 岩澤工務店の
家づくりのこだわりを
公式サイトでチェック

一条工務店

家中丸ごと床暖房!
性能にこだわる注文住宅

一条工務店の施工事例 一条工務店の
家づくりのこだわりを
公式サイトでチェック

富士住建

太陽光発電が標準装備!
装備が充実した注文住宅

富士住建の施工事例 富士住建の
家づくりのこだわりを
公式サイトでチェック

※このサイトでは、一級建築士が所属し、断熱・気密性に優れた家を標準仕様としている住宅会社の中から、+αの特徴を持つ3社を「高性能+αの住宅会社」としてピックアップしています。断熱性は「ダブル断熱構造」「トリプル断熱構造」といった高性能な断熱構造を用いている、あるいは断熱性や防音性に優れた「セルロースファイバー」のような断熱材を標準としていることを条件に採用。また断熱性・気密性を高める樹脂窓の採用の有無も選定基準としました。