千葉北総エリア(香取)、茨城南エリア(稲敷・神栖)で家を建てたくなったら 失敗しない注文住宅の選び方navi
香取・稲敷・神栖で家を建てたくなったら失敗しない注文住宅の選び方navi » 注文住宅の流れを知る » サイディングの種類

サイディングの種類

サイディングについて

サイディング次第で、メンテナンス費用は変わります。決して「何でも良い」ではなく、どのようなサイディングがあるのかについて知っておくことも大切です。

サイディングとは

サイディングとは外壁の一種です。

工場で大量生産された外壁を張り付けていくもので、従来の塗壁や塗料とは一線を画す手法といえます。

比較的安価・簡単に生産できるという特性から、コストパフォーマスの高さが特徴です。また、塗り壁と比べるとひび割れなどの劣化が目立ちにくいことから、家屋の景観を損ねないというメリットもあります。

そんなサイディングですが、いくつか種類があるのがポイントです。それぞれどのような特徴を持つのか、比べてみることでどのタイプが自分の建てたい土地環境に合っているのか分かるでしょう。

窯業系サイディングの特徴

サイディングの中で最も目にするとされているのが窯業系のサイディングです。セメントや繊維質を原料としたもので、様々なサイディングの中でもデザイン性に幅があります。

タイル風や石積み風など、アレンジの効いたサイディングにできるのが魅力の一つです。コストパフォーマスだけではなくデザイン性を求めている人から人気を集めている窯業系サイディング。

そのため、使われているサイディングの中でもおよそ7割から8割ほどのシェアを持つとされています。

一定の品質と工期が短い点、さらには防火性や耐震性を兼ね備えているのも、窯業系サイディングのメリットです。

窯業系サイディングの注意点

窯業系サイディングは工場で塗装を行い、現場では組み立て・貼り付けを行うのみです。そのため、コストパフォーマンスに優れている反面、工法のおかげで継ぎ目ができてしまいます。継ぎ目には微細な隙間がありますので、次第に隙間から劣化していく傾向にあるのが難点です。

また、窯業系のサイディングには防水機能が備わっていないため、塗装によって防水性能を補うことになります。そのため、塗装が剥げていくと、外観を損ねるだけではなく、防水性能そのものも低下していくことに。悪天候時に思わぬ形で水漏れの痕跡が見られる場合、窯業系サイディングの塗装が剥げてしまっている可能性もあります。性能を維持するためにも、こまめなメンテナンスが必要です。

さらに、場合によってはメンテナンスではなく、サイディングそのものを取り替える必要性も出てくるかもしれません。

金属系サイディングの特徴

金属系サイディングとは、アルミやスチールなどの金属板と断熱材を張り合わせたサイディングです。

金属系サイディングの特徴として、「軽さ」が挙げられます。

様々なサイディングの中でも軽量な点が特徴になるので、建物に余計な負担を与えません。他のサイディングでは設置が難しい部分であっても、金属系サイディングであれば可能なケースもあります。

意匠性・コストパフォーマンスに優れていると共に、耐凍害にも優れています。金属は水分を吸収しないため、水分を吸収してしまう素材のようなデメリットはありません(ただし、湿度によっては錆びやすくなります)。

また、ひび割れに強い点もメリットです。サイディンに限らず、外壁は時間と共に劣化していきます。ひび割れもその一つで、常に雨風に晒されている外壁は様々な負担がかかるため、ひび割れを起こすこともこうりょしなければいけません。しかし、金属系サイディングは乾燥や収縮による影響を受けにくいため、ひび割れができにくいというメリットがあります。

金属系サイディングの注意点

金属系サイディングは、デザインによって安っぽさが出てしまいます。

凹凸を大きくすることが難しいため、平べったい金属をそのまま張り付けているかのようなデザインとなってしまうからです。

近くで見ると決して安っぽさは感じさせないものの、遠くから見ると安い材質、あるいは安い塗装で済ませているのではないかとの印象を持たれてしまうこともあります。

また、コストパフォーマンスは悪くはないというメリットがある反面、メンテナンスを含めると少々高くなってしまうケースもあるのがデメリットの一つです。

導入費用に関しては価格を抑えられますが、メンテナンスまで含めるとそれなりの費用になってしまうケースもあります。

また、金属系サイディングの最大の弱点とも言えるのが錆びです。金属に錆びはつきものですが、金属系サイディングも例外ではありません。雨風に晒されてそのままにしておくと、錆びが発生します。錆びてしまった部分は劣化が著しくなりますし、損傷にもつながるだけに、定期的に汚れを落としたり水洗いしたりなどすると良いでしょう。

アルミサイディング(アルミ合金)の特徴

アルミサイディングは、軽量であることが特徴です。

金属系サイディングよりも軽いので、建物への負担を軽減しながら建物を守れます。バリエーションも洋風のものから和洋風、欧風など選択肢の幅があるのもメリットです。

軽量で、かつバリエーション豊富な点などは金属系サイディングと似ていますが、金属系サイディングにはない、アルミサイディング「ならでは」な特徴として挙げられるのが錆びにくい点です。

金属製サイディングは錆びが弱点ですが、アルミサイディングは錆びに強い性質を持っています。基本的に家の外に設置するため、雨風に晒される環境下にあるサイディング。アルミニウムであれば錆びに強いので、きれいな見た目を長期間保ちやすいのがメリットです。耐久性はもちろん、軽量なので耐震性にも強いとされています。重量があると、地震の際に家屋へ負担を与えてしまうことになるのですが、軽量なのでその負担を軽減可能です。

アルミサイディングの注意点

アルミサイディングの注意点として、傷つきやすさ・凹みやすさが挙げられます。

アルミサイディングは軽量である点は大きなメリットですが、塗装が剥がれてしまうと「軽くてもろい材質」になってしまいます。衝撃にも弱いため、強い衝撃を加えてしまうと大きく凹んでしまう可能性もあるのがデメリットです。塗装をどれだけ維持するのかも大切ですが、傷ついたり凹んだりなどを防ぐ環境も整えなければいけません。

また、アルミサイディングは基本的に「アルミ」なので、性質を理解することが重要です。金属系のものと長時間接触していると、錆をもらってしまうこともあります。

アルミサイディングは軽量である点は大きなメリットですが、やはり環境やトラブルに備えて定期的なメンテナンスが必要です。ただし、どの素材のサイディングであってもある程度メンテナンスが必要になりますので、アルミサイディング「だけ」のデメリットではありません。

その他の注意点として、品質も確認しておくことがポイントです。同じ「アルミサイディング」であっても、日本で主流となっている3,000番台と、高品質で知られている5,000番台とでは品質に差があります。

そのため、「アルミサイディングに」と思った場合、「どのアルミサイディングにするのか」まで選ばなければなりません。アルミサイディングはコストパフォーマンスが高いとされていますが、高品質のものであれば性能の良さに期待できる反面、それなりの費用がかかります。逆に安いアルミサイディングであれば、かかるコストは抑えられる一方で、先に挙げたようなデメリットと向き合わなければならないでしょう。

まとめ

住む地域の環境を視野に入れ、どのような素材にするかを選ぶのがおすすめです。もし選ぶに時間がかかると感じた場合は、業者に相談して選んでもらうのも良いでしょう。また、サイディングの塗装が剥がれてしまうとサイディング自体の寿命が短くなる原因となってしまいます。目安として、10年ごとに塗装するようにしましょう。

奥さんもきっとよろこぶ!家事動線で見る各社の特徴3社

ウィズホーム

ママ目線の女性設計士が設計!
“家事動線”と“子育て”を考えた注文住宅

公式HPを見る

ワールドハウス

カスタマイズ可能な書斎も設計可!
趣味に没頭できる注文住宅

公式HPを見る

ノーブルホーム

薪ストーブなど山小屋風の設計も自由!
趣味やこだわりから建てる注文住宅

公式HPを見る