千葉北総エリア(香取)、茨城南エリア(稲敷・神栖)で家を建てたくなったら 失敗しない注文住宅の選び方navi
香取・稲敷・神栖で家を建てたくなったら失敗しない注文住宅の選び方navi » 注文住宅の流れを知る » キッチンの種類

キッチンの種類

アイランドキッチン

アイランドとは「島」を意味する言葉。その名前が示す通り、島を思わせる広々としてかつ独立したキッチンがアイランドキッチンです。

壁に面していないので、キッチンをみんなで囲むことができるアイランドキッチンは、お洒落なデザインが魅力です。大人数でキッチンを囲むことができるのでホームパーティー、あるいは家族で料理をしたりなどのメリットがあります。

デメリットはそれなりの広さが求められるので、採用するとキッチンや台所周辺にスペースを割かなければいけないことです。他の部分で工夫しなければならないものの、キッチン台の下を収納スペースとして活用できます。広いスペースを使ったとしても収納が多いのでキッチン台が広く、他のスペースを圧迫してしまうとしても収納の多さである程度カバーできるでしょう。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは、「半島」を意味する言葉です。キッチンの左右のいずれかが壁に面し、かつ対面式のものをペニンシュラキッチンと呼びます。

いわゆるカウンタータイプのキッチン全般がペニンシュラキッチンでもあるので、馴染みもある人もいるのではないでしょうか。

そんなペニンシュラキッチンの利点は、対面式であることです。料理を行いながら家族とコミュニケーションが取れる点にあります。

壁に向かっているI型やL型キッチンの場合、リニングに背を向けてしましますので疎外感がありますが、ペニンシュラキッチンであれば向き合いながらの調理が可能です。

I型キッチン

コンロ、調理スペース、シンクが一列で、「I」の文字になっていることからI型キッチンと名付けられています。シンプルかつ使いやすい形状なので、比較的よく見かけるタイプのキッチンです。

メリットとして、キッチンが狭いとしても導入しやすいことが挙げられます。また、ワンルームの物件であれば多くがI型であるように、省スペース性という点に優れているので、キッチンにあまりスペースを取りたくない人、他の部分にもっとスペースを取りたい人におすすめです。

一方で、調理中はリビングに背を向ける形になってしまう、省スペース性が高いことで狭いI型だと複数人での調理には向いていません。今の生活で不便だと感じる部分を改善できるか、考えたうえで選ぶのがおすすめです。

L型キッチン

L型キッチンはスペースの角に設置することで、シンクやコンロなど、調理スペースの台が「L」の字の形になるタイプのキッチンです。L字となっていることで、キッチン台のスペースが広くなります。

いわば作業台が2台分あるようなものなので、複数での調理も可能かつ食器洗浄機も起きやすいのがメリットです。収納もそれなりに多く設置できます。利便性の高いキッチンではありますが、それなりに広さが求められるため設計はよく考えて業者とも相談しましょう。

また、収納に関してもL字になるので、掃除がしにくい部分が出てしまう点も注意が必要です。

セパレート型キッチン

シンクと調理台がセパレート、つまりは別となっているタイプのキッチンです。

調理者は何度も振り返って調理をすることになりますが、シンクとコンロが分かれているため料理の際、どこで何をするのか場所が明確にできます。

慣れていないと何度も振り替えることになる点や、いわば二カ所調理台を作ることになりますので、それなりにスペースが必要になるのがネックです。アイランド式、あるいはカウンター式側にシンクを設置すると、水が床にまで飛び跳ねてしまう可能性がある点も踏まえたうえで採用を検討しましょう。

調理スペースも広く確保できるので、料理の初心者でも調理しやすいでしょう。

また、セパレートの片方だけアイランド式のキッチンにすることも可能です。一つは壁面に、もう一つはアイランドタイプにすることで大人数での調理がしやすくなります。片方はカウンターキッチンにすることで調理の動線も簡略化することができるなど、アレンジが可能な点もセパレート型キッチンの特徴です。

独立型キッチン

キッチンの部分だけ、まるで個室になっているかのような構造が独立型キッチンの特徴です。

壁で区分けされたり間取りに上手く凹凸を取り入れたりして、リビングやダイニングからカウンターが見えないようにしています。

独立型キッチンの利点としては、キッチン回りを周囲に見せない点です。アイランドキッチン、ペニンシュランキッチンはとてもお洒落ですが、キッチンはどうしても汚れるもの。調理の後は周囲に汚れている所を見られてしまいますが、独立型キッチンだと周囲の視線を気にせず調理できます。煙やにおいを抑えられるのも、独立型のメリットです。

注意点としては、ダイニング、リビングと遮断されていますので疎外感があったり、料理を運ぶ際にはそれなりに距離があるので多少手間がかかります。いわば「調理者専用スペース」となりますので、人目を気にせずに自分のペースで調理をしたい人に向いているタイプです。

奥さんもきっとよろこぶ!家事動線で見る各社の特徴3社

ウィズホーム

高品質な装備が標準仕様!
収納を重視した住みやすい家

ウィズホームの
デザイン・性能を
公式サイトでチェック

ワールドハウス

カスタマイズ可能な書斎も設計可!
趣味に没頭できる注文住宅

ワールドハウスの
デザイン・性能を
公式サイトでチェック

ノーブルホーム

薪ストーブなど山小屋風の設計も自由!
趣味やこだわりから建てる注文住宅

ノーブルホームの
デザイン・性能を
公式サイトでチェック