千葉北総エリア(香取)、茨城南エリア(稲敷・神栖)で家を建てたくなったら 失敗しない注文住宅の選び方navi
香取・稲敷・神栖で家を建てたくなったら失敗しない注文住宅の選び方navi » 注文住宅の流れを知る » 失敗しない注文住宅の選び方

失敗しない注文住宅の選び方

ここでは注文住宅で失敗しないために見るべきポイントや失敗を防ぐコツについて解説しています。

見逃すと危ない注文住宅選びの注意点

注文住宅を選ぶ際には様々な角度から検討して判断する必要がありますが、確認や注意を怠ると失敗する原因になります。そこでどのような点に注意すべきかをまとめました。

デザイン

注文住宅は基本的に自由設計ですのでデザインも思いのままと考えがちですが、業者によっては範囲に制限があったり得意・不得意があるので完成したらイメージと違っていたということがあります。できるだけ具体的に要望を伝えないと失敗するので注意が必要です。

金額

注文住宅のプランの中には標準装備と追加オプションが存在します。要望を積み上げていったらオプション部分が大きくなって予算を大きくオーバーしてしまうということがあります。オプションが多いと自由度は高くなりますが金額も上がってしまうので要注意です。

業者

依頼する業者が本当に信頼できるかどうかを見極めることは重要です。こちらの要望を聞かずに一方的に売り込んできたり、積極的に提案をしてこない、契約が決まってから態度が悪くなるなど、相談の初期段階でしっかりチェックしないと後悔することになります。

注文住宅で失敗を防ぐためのコツ

注文住宅は最初に想像していたものと完成したものが違った時に失敗したと感じます。その大部分は担当する業者が関わることなので、以下の点に注意すれば防ぐことができます。

業者が得意とするデザインテイストを把握

住宅メーカーでは商品カタログや設備資料、施工事例などデザインに関連する資料を用意しています。一般的なカタログ写真だけでなく施工事例の写真などから自分の希望と業者のデザインテイストがマッチするかどうか把握しましょう。

標準装備でどこまで可能なのか範囲を確認

業者によっては少し規格から外れるとすべてオプションになってしまう場合と標準装備の範囲が広くある程度は柔軟に対応してくれる場合があります。しっかり希望を伝えた上でどこからが別料金になるかを確認しながら進めれば予算オーバーになることを防げます。

異なる部署のスタッフとも話をしてみる

営業マンは最初の窓口ですので、知識や提案力があるかどうかチェックすることはもちろんですが、可能であれば設計士さんやインテリアコーディネーターとも話をすることが重要です。家づくりの流れがわかったり各専門職のプランニング力もわかるからです。

奥さんもきっとよろこぶ!家事動線で見る各社の特徴3社